ネット代節約

ネット代の節約ならコレがお得!

ネット代節約の具体的な方法について解説します。家庭の電話代全般を節約するには、ネット代がキーポイントです!

ネット代節約になるおすすめサービス

インターネット イメージネット代を含めた家計の電話料金は、家族一人一人が携帯電話を持つのが当たり前になり、さらにスマートフォンの普及に伴い、さらに家計を圧迫するようになってしまいました。

固定電話+インターネット回線+プロバイダー+(携帯代×家族分)が2万円を超える世帯も少なくないと思います。ネットも携帯も無い時代と比べたら、家計に占める通信費の割合は明らかに大きくなっているのが現状です。通信費の中で、一番節約し易いのが、ネット代だと思います。参考にしてください。

国民生活センターが、モバイルデータ通信に関する相談が増えていると警告しています。
電話や訪問による強引な勧誘にはくれぐれもご注意ください。詳細はこちら>>>強引な勧誘に注意

ネット代を節約する選択肢とベストな節約法を導く方法

まず、今家でインターネットに接続している機器を書き出しましょう。

ひとり1台スマホを持つ時代になって、スマホ以外の機器は意外と少ないんじゃないでしょうか?まだデスクトップPCとかノートPCとかありますか?パソコンがあるのとないのでは大違いです。

というのも、パソコンがると特にWindowsマシンの場合、頻繁にアップデートがあって相当な通信容量を消費します。ADSLや光回線などの完全な使い放題のネット回線なら何の問題もないですが、WiMAXのギガ放題じゃない通常プランや、スマホのテザリングなどだと、結構きついです。

「パソコンなんて年賀状しか使わない」と言うんであれば、思い切ってネット回線の見直しとともに処分するのも一つの方法です。パソコン1台あるだけで、ネット回線は毎月高いし、ウィルスソフトはいるし、プリンターはいるし、インクも買わないかんし、、、と細々としたコストが沢山かかります。

その割に、スマホでネットしちゃうから全然使わない、、、というケースが多いです。

別に捨てる必要はないです。ネットに繋がなかったら、ウィルス感染することもないし、アドレス帳や写真、いろんなファイルのデータサーバーとしての利用価値は大いにあります。

ADSLや光回線を解約するという事は、やっぱりそういうデメリットがあります。

しかし、WiMAXのギガ放題プランや格安SIMでもぷららやU-mobileの使い放題プランで契約すれば、通信量を気にせずに思いっきり使えます。ただ、ぷららは回線速度が3Mbpsでやや遅いです。でも月々2,760円は格安だと思います。

ここで考えなきゃいけないのが、大手キャリアのスマホを持ちつつ、↑ここで紹介した格安SIM端末を持つのか?という点です。私なら、自分のスマホをぷららの使い放題プランのSIMに替えて、家でのネット回線と兼用することで、固定回線の節約とスマホ代の節約が一気にできると考えます。

いかがでしょうか?

ただ、家で子供さんがゲーム機をネットにつなげてるとか、パソコンゲームしてるとか、家族全員が家ではスマホをWi-Fiに繋いでパケット代を節約してるとか、そいう状況の場合正直節約は難しいと思います。

その場合、やっぱり格安SIMよりもWiMAXのギガ放題でしょうね。

となると、手持ちのスマホと兼用という事ができません。

でも、家の固定回線は解約できるし、これを機にキャリアのスマホを格安SIMに替えてしまえば、それだけでも月々5,000円以上の節約になりますから、新しくWiMAXを契約したところで、節約できるのは間違いありません。

このように、いろんな選択肢を洗い出して、自分の家にとって一番いい選択肢を選ぶのがポイントです。

私は仮定の話でここにいろいろ書いているので、もっともっといろんなファクターが絡んでいると思います。ですから、まずは家庭内で誰がどんな機器でどれだけネットに繋いでいるかを洗い出して、それに最適なネット回線を探すのがベストだと思います。

意外と誰も使っていないのに、毎月6,000円も7,000円もネット代を払っているなんてことも往々にしてあります。そんな方は勿体ないので、今すぐネット代節約の方法を考えてください。

個人的には、格安SIM、WiMAXがおすすめです。

WiMAXはTry WiMAXで試しましょう!

Try WiMAX

WiMAXはUQ WiAMXのTry WiMAXを利用して、自分の利用する環境で確かに使えるかどうかを確認しましょう。WiMAXは携帯の電波などと性質が違って、建物の中では電波が入りにくい事があります。

昔に比べるとどんどん改善してきていますが、ビルの陰になるとか、建物の「ここはダメ」とかそいうスポットにもしも当たってしまったことを、契約してから気づくと非常に面倒です。それと、「地方の最近エリアになった」という場所も注意が必要です。エリアマップ上では440Mbps対応エリアだったとしても、実際に出るスピードは別です。GMOとくとくBBなどは申込みから20日以内ならキャンセル出来ます。それも面倒なんで、もともと無料のTry WiMAXを試してみるのがおすすめです。

ネット代節約 トップへ戻る